「騙されやすい」「信じ込みやすい」「疑うことを知らない」人の特徴

「騙されやすい」「信じ込みやすい」「疑うことを知らない」人には、どんな特徴があるのでしょうか。
私の職場では、仕事を教わる時に教える側の人が間違った事を教え、その間違いを信じたまま仕事をしてしまって怒られた人がいます。
教える側の人は間違った事を教えた事に悪気は無かったようですが、疑いを持っておかしいと思う部分があれば質問する等の対処をしなかった教えられる側にも問題があると指摘され、結果的に怒られていました。
このような人に言われた事をそのまま信じてしまったりする人は、持っている情報量が少なかったり、人を疑う事に罪悪感を感じてしまう、物事の判断の自主性がない等の特徴があります。
相手の話を聞いて、その話を信用して良いかどうかを疑いを持ちながら判断する習慣が付いていなかったり、そもそも信用して良いかどうかを判断する材料となる情報量が乏しい、「人を疑う事は失礼だ」と感じる等という事が、仕事で失敗したり人に騙されてしまう事に繋がる可能性があります。
このような損害を防ぐためには、臨機応変に対応する力が重要です。機械的に相手の言われるがままになるのではなく、思考力を鍛え、間違った事を言う人の話を聞く時にその話が信用できるものかどうかを自分で柔軟に考える対応力を身に付ける事が、騙されるリスクを回避するきっかけとなります。